物件視察ファイルNo.18 木造2階建戸建 500万円

物件視察ファイル

ポータルサイトで気になった物件。
数年前から掲載されていたことを知っていて、今回物件に問い合わせを行い、現地までクルマを走らせた。

物件概要

 木造戸建2階建 500万円
 土地 130㎡
 建物 木造2階建(70㎡)
 間取り 5DK
 築年数 47年
 接道 公道4m以上
 所有権
 市街化調整区域
 用途地域 不明(傾斜地)
 駅徒歩 30分
 駐車場 有(1台)
 路線価 390万円(30,000円/㎡)※倍率地域

メリット/デメリット

■メリット
駐車上あり
残置物なし
閑静すぎる住宅街
土地値に近い価格

■デメリット
傾斜地
外壁の劣化
倍率地域
市街化調整区域
    
■どんな条件になれば買えるか?
傾斜地での築古をどう対策できるか?

アクション

■現場チェック(本日現地で外観チェック済)
・傾斜地のレベル感を確認した。(想定を超える傾斜地で、この場所によく家を建てたなーという立地)

この傾斜地を購入したいとは思えない。

転進。

吉川栄一さんも絶対に現地確認すべきとブログに残されていた。これを痛感した。

購入物件は絶対に現地確認すべき
 スルガ銀行スキームが全盛期には1億円以上する物件も現地で確認もしないでノールック買付していた方がたくさんいましたが、物件によって千差万別で1つとして同じものが無いのが不動産ですので、本来は見ないで買うなんてあり得ない話です・・・。 みんなが欲しいと思う物件には買付が殺到するため真っ先に融資を付けた人が勝ちなのはわかり...
かめきち
かめきち

もうここに来ることはないだろう。問い合わせして自分の目で確かめて良かった

コメント

タイトルとURLをコピーしました