今年の目標はやっぱり1棟購入

不動産投資

早いもので2024年もすでに1ヶ月が過ぎようとしている。ずっと考え続けていたけどやっぱり「1棟購入すること」を今年の目標におきたい。

その判断に達したのは、赤井誠さんや吉川英一さんという不動産レジェンドのコラムや書籍からの影響が大きい。

年初に読んだ赤井誠さんのコラムには共感する部分が多くあった。価値観の中で、健康・時間・家族・お金をどのように意識されているかが語られ、私自身の立場に置き換えてみた。何に投資すべきか、より良い選択をしていこうと考えたときに、必ずしも不動産でなくても良いのでは?と一度立ち止まることができた。

今年は何に投資するのが一番儲かるのか? 赤井誠さんの不動産投資コラム255話【健美家】
新年あけましておめでとうございます、赤井誠です。今年最初のコラムです。年末は所有物件に様々なトラブルが発生して、その対応で大晦日の夕方まで仕事をしていました。新年になると、今年から倍増した小型怪獣が我...。赤井誠さんの不動産投資コラム。

その後、吉川英一さんの書籍『不動産投資で資産倍々!会社バイバイ!』を読み返した。すると、やはり1棟モノが欲しいという思いが強くなってきた。彼の言葉には、目標に向かって行動することの重要性が強く感じられ、それが自分の中で新たなエネルギーを生み出してくれたような気がした。

正直言って、今の私は欲しい物件の条件が定まっておらずブレブレだ。昨年買付を入れた物件が正しい選択だったのかもわからない。まずは、ちゃんと購入候補物件の条件出しをすることから、やり直さなければダメな気がしてきた。

だから、無理はしない。4月までに焦らず、家族を優先しながら候補物件の検討を進めたいと思う。春には息子2人が新生活をスタートさせるため、それまでは家族との時間を大切にしたい。このバランスを守ることが、私の価値観を維持するために大切なポイントになるような気がしている。

1棟モノを購入するという新たな挑戦に向けて、計画的かつ家族を大切にした選択を進めていく。まだ見ぬ未来にワクワクしながら、着実に前進していくことが大切かな、と思えた2024年1月末。

コメント

タイトルとURLをコピーしました