会社員だから貸したい担当者も居る

やっさんスクール

昨日は不動産活動に没頭しすぎて、予約していた病院へ行くことをすっかり忘れてしまった。
そのことに気がついたのは今朝。。。治りが悪いのは自業自得だ。

さて、本日のやっさんラジオ(スタンドFM)の内容は、やっさん自身が銀行訪問された際の担当さんとの会話内容だった。

その内容が、昨日ワタクシが銀行訪問で経験した内容にとても近かったので、思わずスタエフにコメントを残し、このブログもそのことを書こうと思った。

#144 会社員だから貸したい担当者も居る - やっさんラジオ | stand.fm
15フォロー 861フォロワー 不動産経営や筋肉について 『自分らしく生きる』をテーマに話してます。 blog、YouTube、Twitter、N Y N E プロフィールはこちら

やっさんと担当さんの会話からすると、どうやら最近は不動産案件の申込みがガタ落ちらしい。相場が上がっているので持ち込む人が少ないようだ。

そう考えると、融資相談するタイミングとして、現在は逆に有利なのかもしれない。
まだ1軒も持っていないようなサラリーマンでも物件次第で十分に融資が受けられる、とコメントされていた。

もちろん、大家としてすでにスタートできている実績があると、心象も違い有利になるらしい。

ワタクシが昨日体感したのはまさにこれでった。
サラリーマンの安定収入を持ちながら、すでに大家としての実績があることを評価いただけた。

保有物件は2軒だけど、入居付できているのは1軒のみ。
たった1軒の大家でありながら、そのことを実績として評価いただけるのはとてもありがたい。

やっさんの活動拠点である北海道でも、ワタクシの住む静岡県でも、状況はほとんど変わらないような印象を受けた。

1棟モノの融資相談は初めてなのではゼロになることはない。失敗は必ずする、その失敗をいかに小さくするかが大事だ。万が一失敗してもまた立ち直れる物件で勝負したほうが良いと、ラジオでやっさんからのアドバイスがあった。

売却も選択肢に残し、リスクを負える範囲で検討を進めていきたい。

かめきち
かめきち

サラリーマン+副業でまずはトライする

コメント

タイトルとURLをコピーしました